自らモテない発言はしない

ワクワクメールのパーティーや合コンでは、自ら「モテない女性」ということをアピールする必要はないですよね。
モテない女性なの、と謙虚な気持ちで言っているつもりでも、男性はモテない女性を彼女にする気はありませんよ。
ワクワクメールのパーティーや合コンで、モテ自慢をする女性も引かれてしまいますが、モテない自慢をする必要はありません。
本当にモテませんよ。

例えば彼はどれくらいいないの?と聞かれて「10年いない」なんて答えたら、間違いなく引かれてしまいますよね。
そんなに彼がいないのは、何か問題があるから、と思われても仕方ありません。
また、休日の過ごし方を聞かれて、「家でのんびりと」と答えると、家でゴロゴロしているのかな?と思わるかもしれません。
彼がいなくても、一人で休日を満喫していることを伝えるためにも、趣味の美術館めぐりに行ったり、エステサロンに行ったりします、とか料理を作ったり、お掃除をすることも、と何気なく女性らしさをアピールできることを言いましょう。

女性として意識してもらうには?

いつも「いいお友達」になってしまい、女性として見てもらえない、という悩みを持つ女性もいますよね。
ワクワクメールなどでも、最初は何となく意識してもらっていても、すぐに女性として見てもらえなくなってしまう、出会い系のパーティーなどに行っても、自分の前では緊張していない男性が多い、というのは、女性として残念です。
思い切り女性として見てくれるには、男性を緊張させる女性になるには、どうしたらいいのでしょう?

男性は守ってあげたくなるような女性が好きです。
女性として見られないのは、男性の目にたくましく写ってしまうのかもしれませんね。
そう見られないためには、悩みを相談して、男性に頼ってみましょう。
いつもは元気に見える女性が、落ち込んでいると、助けてあげたい、と男性は思うはずです。
また、編み物や手料理など、女性らしい一面を見せるのもおススメですよ。
出会い系なら、先入観を持たずに接してもらえますから、まずは女性らしい第一印象を、男性に与えられるようにしましょう。

男性がずっと一緒にいたいと思う女性とは?

恋人ができたら、できればずっと好きでいてもらいたいですね。
まして、今はワクワクメールなどもあり、出会い系パーティーなどに参加すれば、出会いのチャンスは多いもの。
そんな数あるワクワクメールでせっかく知り合いになれたのなら、その出会いを大切にしたいもの。
そのためには、彼がずっと一緒にいてほしい、と思ってくれるような女性になることが必要ですね。

男性が、ずっと一緒にいたいと思う女性とはどのような女性でしょうか?よく言われるのは、一緒にいて居心地がいい女性です。
自分の話をよく聞いてくれる、いつも笑顔でいてくれる、感情の起伏が激しくない、自分のことを信頼してくれている、という女性。
彼のことを信頼しているなら、メールの返事が遅れたくらいで、怒ったりしません。
仕事が忙しくてなかなかデートができなくても、泣いたり、拗ねたりせずに、体を気遣ってくれる女性。
自分のことよりも、彼のことを優先して考えている女性は、ずっと一緒にいたい、と思うようですよ。

二人はもう潮時?のサイン

出会い系で知り合った彼と付き合って、もうすぐ1年。
でも最近、何となく彼といてもつまらない、なんて感じることが多いのなら、すでに二人の恋は終わっているのかもしれませんよ。
あなたが、ワクワクメールをちょっと覗いてみようかな、なんて思っていたら、彼もワクワクメールを見ていた、なんてことがあるかもしれません。

また、最近デートはいつも部屋でマンネリ化している、二人でいても会話がない、久しぶりに会っても、お互い携帯電話ばかり見ている、なんてことが多いのなら、要注意です。
彼の自分に対する言葉に温かみがない、自分の言動にイラッとしている、目を見て話をしない、一緒にいて楽しそうではない、といったことを感じるようなら、お付き合いを考え直す時期かもしれません。
別れを切り出すのは、言いにくいかもしれません。
しかし、愛情がないままお付き合いを続けていても、二人にとって幸せなことではないですよね。
楽しかった時間を思い出にして、新しい出会いを見つけましょう。

彼とのデートでお酒を飲みすぎないコツ

ワクワクメールのパーティーやワクワクメールの合コンなどで、アルコールが出ることもあります。
でも飲みすぎると失敗してしまうこともあるので、飲み過ぎには注意したいですね。
また、ワクワクメールなどで知り合って、初デートの時なども、緊張のあまりお酒をがぶ飲みして、酔ってしまう、なんてことになったら、彼も引いてしまうかもしれません。
緊張してお酒の力を借りたくなる気持ちは分かりますが、特に最初のデートでは飲みすぎないようにしましょう。

デートでお酒を飲みすぎないようにするためには、まずはお水を1杯。
喉が渇いていたりすると、ビールなどが進んでしまいます。
それを防ぐためにも、喉の渇きをいやしておきましょう。
また、空腹では酔いが早く回ります。
お酒を飲む前に、食べ物を食べてお腹を満たしておきましょう。
アルコールだけを飲むのではなく、合間に水やウーロン茶などを飲めば、お酒の量を控えることができますよ。
また、いろいろなお酒をちゃんぽんして飲むと、結果お酒の量を増やしてしまうので、酔いやすくなります。
いろいろな種類のお酒を頼むのは控えましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.